女性

椎間板ヘルニアはレーザー治療で治せる|痛みからの脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加

負担の少ない放射線治療

婦人

追跡機能による負担軽減

近年、最先端のがん、特に脳腫瘍の治療としてサイバーナイフという放射線療法が注目を集めています。同じような治療法に従来のガンマナイフがあります。ガンマナイフが長時間に及ぶ頭部の固定が必要なのに対し、サイバーナイフは患部を追跡する機能があるため固定が不要です。脳腫瘍は患部以外の部分に複雑に侵入していることが多く、従来の方法ではピンポイントに取り除くことが難しかったです。1ミリ単位まで対応しているサイバーナイフの細かい照射機能と追跡機能によって、細部の腫瘍を確実に取り除けます。切開が必要なく、治療や術後の負担も軽減されたサイバーナイフは、近年では脳腫瘍だけでなく身体の様々な部位に対応してきています。

制度活用の工夫

先端医療として普及しつつあるサイバーナイフは、現在ではまだ必ずしも保険適用がされるわけではありません。しかし、最もポピュラーである脳腫瘍には保険を使うことができます。更に近年では、体幹部への保険適用も進むなど、より治療を受けやすい制度の整備が進んできていると言えます。国が設定した健康保険は適用されている範囲がまだ大きくはないものの、民間企業は先端医療に対する保険適用に積極的です。既に民間の保険に加入している方は、サイバーナイフに適用できないかをしっかり確認しましょう。また、サイバーナイフは一回の手術単位で料金を計算します。そのため、複数部位の治療を受ける場合もできる限り一回にまとめられるよう、医師と相談したり費用を工面する工夫が大切です。