女性

椎間板ヘルニアはレーザー治療で治せる|痛みからの脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気でも自宅で暮らす

病院

在宅での療養生活を選ぶ

世田谷区で暮らしている方の中にも、病院への定期的な通院がむしろ負担になっているという方がいます。高齢で通院が困難になることもあれば、病気の病状から自宅での療養につとめているという場合もあります。世田谷区で暮らしていて病院への通院ができない場合、在宅医療をするようにしましょう。在宅医療は、これまでの掛かり付けの医師との相談からの流れで、訪問診療に切り替えることができます。また訪問看護ステーションを通じて直接依頼することも可能となっています。病院に通院をしたり入院をするよりも、本人にとって自宅ははるかにリラックスできる環境ですから、最善の環境での療養ができることを選択しましょう。自宅で責任をもって受け入れられる体制を構築しましょう。

家族と医療従事者の連携

高齢で通院が難しい場合などは、長期的に在宅医療を頼むことになるでしょう。しかし病気の状態によっては、病院に入院するよりも人生の最後を自宅で迎えたいと願う場合もあります。そのようなターミナルケアはケアをする側にも専門性がかなり求められますし、緊張感もあります。世田谷区で在宅医療を求めるのなら、どのような症状に対して対応が可能かを確認してからにしましょう。また病院や薬局を始め医療関係や介護事業者との連携がきちんとできていて、24時間どのような対応が可能になっているかも把握しておくようにしましょう。世田谷区で在宅療養をするには、本人だけでなく家族や医療従事者の協力が必要ですから、その連携がきちんととれるようにしておきましょう。