女性

椎間板ヘルニアはレーザー治療で治せる|痛みからの脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加

腫瘍が圧迫する病気です

カウンセリング

めまいやしびれが出ます

聴神経腫瘍は内耳から脳へ繋がる神経に腫瘍ができる病気です。聴神経には蝸牛神経と前庭神経で構築されています。音の情報を伝える蝸牛神経よりも、平衡感覚の情報を脳へ知らせる前庭神経に腫瘍が発症するケースが多くなっています。そのため、三半規管や耳石に影響を及ぼし、激しいめまいや吐き気を伴うことがあります。聴神経腫瘍はできる場所や大きさにより症状が異なります。めまい以外にも、耳が塞がれたような閉塞感や耳鳴りが伴います。内耳周辺には顔面神経も隣接しており、こわばりやしびれ、麻痺のような症状が現れる事もあり、一見すると聴神経腫瘍と判断できないような症状のため、このような症状が出た際には耳鼻咽喉科を受診する必要性を認識しておきましょう。

脳への影響があります

聴神経腫瘍が内耳寄りではなく脳の周辺にできた際には、脳を圧迫して脳腫瘍へ進展してしまうことがあります。この場合には摘出などの外科的治療が必要になります。聴神経腫瘍はほとんどの場合良性のものが多く他の臓器に転移しないため、CTやMRIといった画像検査により位置や大きさを見極め、進行の程度を観察します。高齢で体力がない人や腫瘍の進行速度が遅い場合には経過観察をする場合もあり、治療方法は人によりさまざまです。手術が必要な場合、耳鼻科と脳外科による摘出手術か放射線治療を行います。発症部位が他の器官と複雑に絡み合っているため摘出が難しい際には放射線治療が優先されますが、進行を抑える程度で完全に取り除くことが難しい場合もあります。医師と相談の上自分に適切な処置を相談することができます。