診断

椎間板ヘルニアはレーザー治療で治せる|痛みからの脱却

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気でも自宅で暮らす

病院

世田谷区で高齢の方や症状の重い方の中には在宅医療を選ぶ方がいますが、本人にとって在宅というリラックスできる環境で十分な医療を受けられる体制にしていきたいものです。そのためにも家族と医療従事者などが連携をして在宅医療ができるようにしていきましょう。

More...

腫瘍が圧迫する病気です

カウンセリング

難聴や耳鳴りを発症させる聴神経腫瘍は、内耳から脳へ繋がる前庭神経に多く発症します。三半規管や顔面神経、脳に影響を与える事があり、めまいや顔のしびれだけでなく脳を圧迫させることで生じる脳腫瘍の恐れもあります。

More...

腰痛の原因病を治療する

医者

腰に負担がかかると発症

椎間板ヘルニアといえば、いわゆる坐骨神経痛の原因となる病気としてよく知られています。椎間板は軟骨組織の一種で、椎骨と椎骨の間にあることからこの名があります。椎骨とは脊椎を構成するブロック状の骨のことで、椎間板は椎骨同士をつなげる役割を果たしています。この椎間板が何らかの原因で正常な位置からはみ出してしまい、近くを走る神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こすのが椎間板ヘルニアです。頸椎から腰椎に至るまでのどの部分にも発症する可能性がありますが、最も起こりやすいのは腰の部分です。重い物を持ちあげようとして負荷がかかることで発症したりするほか、特別なきっかけはないものの日常動作における腰への圧迫が累積して発症することもあります。

レーザーなら日帰り手術可

椎間板ヘルニアは安静にしていれば自然治癒するケースが少なくないため、治療に関しては保存療法が第一選択となります。保存療法でも改善が見られない場合や日常生活に困難を生じるほどの重症の場合は、外科療法が試みられます。椎間板ヘルニアに対する外科療法は、従来は患部を切開してヘルニア部分を摘出する方法が一般的でしたが、近年はこれに加えてレーザー治療も行われています。椎間板ヘルニアに対するレーザー治療は、英語の頭文字を取ってPLDDといいます。椎間板の中心部にある髄核と呼ばれる柔らかい組織の一部を熱で蒸散させ、内部の圧力を弱めてヘルニアを引っこませるというのが基本原理です。症状によっては適用できないケースもあるものの、レーザー治療は従来の手術に比べて身体の負担が軽いことから施術を希望する人が増加しています。レーザー治療の場合、状態次第では日帰り手術も可能です。

負担の少ない放射線治療

婦人

サイバーナイフは細部への照射機能と患部の追跡機能を持つがんの放射線療法です。これにより、がん細胞を確実に、さらに患者の負担を軽減しながら除去できます。国民健康保険が適用されることも増え、民間企業もサイバーナイフへの保険適用に積極的です。使える制度をしっかり確認する工夫が大切です。

More...